出産にかかる費用ってどれくらいなのでしょうか?

出産にはどれくらいの費用がかかるのか知っていますか?

これから赤ちゃんを産もうと考えてる人によって、
出産費用がどれくらいかかるのかは気になる所ですよね。

まず、普通は妊娠が分かってから、
母子手帳を貰うまでに数回通院する必要があります。

平均して2~3回の通院ですが、
赤ちゃんの状態によっては個人差があると思います。

そして、赤ちゃんの心拍が確認される頃に、血液検査をします。
この頃に役所に母子手帳を貰いに行くことになります。

この母子手帳を貰うまでの通院と、
血液検査は全て自己負担になります。
費用などは病院によって異なるでしょう。

母子手帳を貰った後の妊婦検診は、平均して14回。
現在は、助成金が補助されるそうなので、ほとんど自己負担はないそうです。

ただ、お産が予定日より遅れたりして、
妊婦検診の回数が普通より多くなった場合は、自己負担金も出てくるかもしれません。

また、通院中のお薬や、
切迫早産などでの入院費用についても自己負担になります。

それから出産における分娩費用については、
病院によって異なるみたいですが、
40万~50万、首都圏だと100万円近くする所もあると言われています。

しかし、社会保険や国民健康保険に加入していると、
出産した後に、出産一時金42万円が支払われます。

なので、分娩費用が安かった場合は、出産一時金で補うことが出来るでしょう。

トータル的に考えて、
出産自体はそんなにお金がかからないものと思われます。
大変なのは、生んだ後かもしれませんね。

出産にかかる費用とは別に、
マタニティウェアや産褥期に必要な物、
新生児の衣類なども準備しておかなくてはいけないので気をつけましょうね。

 

 

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *